HOME > ブログ > ミニレッスン > クラウド Sky Drive(スカイドライブ)

MAIN SERVICE

サイト内検索

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新の記事

モバイル

qrcode

プロフィール

リンク

その他

DELL

デル株式会社

amazon

「CHOOSE関数」について

子どもパソコン、中学生チームがサーティファイ試験「表計算処理技能認定試験Excel2010 2級」取得に向けて練習中!
試験範囲にある「CHOOSE関数」について解説します。

■CHOOSE関数
Excel(エクセル)のCHOOSE関数は、値のリスト上から指定した位置にある値を返します

=CHOOSE(インデックス,値1,値2,…)

【インデックス】
引数にあたるリストの何番目の値を選択するかを数値で指定します。
※1より小さい数字またはリスト上の個数よりも大きい数値を指定するとエラー値が返されます
【値1】
引数リストの1つ目の値を、数値、セル参照、名前、数式、関数または文字列で指定します。
【値2 (省略可)】
引数リストの2つ目の値を、数値、セル参照、名前、数式、関数または文字列で指定します。


◆問題◆
 以下の条件に従って、「金額」(E8からE37)を設定しなさい。
条件1 「金額」は「単価」×「数量」で計算する
条件2  1の計算式で使用する「単価」は、「単価区分」(C8からC37)が1ならば「2500」、2ならば「3000」、3ならば「4000」とするように、CHOOSE関数を使用して設定する

◆解説◆
 「金額」=CHOOSE(C8,2500,3000,4000)*D8
 ※CHOOSE関数の引数は
  ・『インデックス』は「単価区分」のセルを選択
  ・『値1』は1ならば「2500」
  ・『値2』は2ならば「3000」
  ・『値3』は3ならば「4000」

  • 2013.03.11 Monday
  • -

パワーポイント ページ設定

先日の授業でパワーポイントについてご質問をいただきました。
「会議資料を作る際に「縦書き」「余白をなし」にしたかったけどできなかった!」
というページ設定についての内容でしたので皆様にもご紹介したいと思います

-----------------------------------------------------------------------
PowerPointとは、プロジェクターで映し出す資料を作成できるソフトウェアです。
これらの資料を使って報告や提案を発表することをプレゼンテーションといいます。
PowerPointを使えば、カラフルな文字や写真、イラスト、図形、表、グラフ、動画などを効果的に盛り込んだ画面が、紙芝居のように次々と切り替わるプレゼンテーション資料を作成できます。
画面の文字やイラストをアニメーション機能で動かしたり、効果音やナレーションを付けたりすることもできます。さらに、プレゼンテーションを行うときの配布資料を印刷することもできます。
-----------------------------------------------------------------------

プレゼンテーションソフトは基本「横書き」でパワーポイント独自の余白が設定してあります。
ページ設定をカスタマイズするためには[デザイン]-[ページ設定]から設定します。
今回は[スライドの向き]を[縦]に設定しました。



パワーポイントは上下左右の余白を個別に設定することはできないので、
印刷するときに用紙幅いっぱいに印刷する設定をすると余白幅を最小限にすることが可能です。
さらにプリンタの設定で「フチなし印刷」の設定をすることをおススメします

[印刷プレビュー]-[オプション]-[用紙に合わせて拡大/縮小]を設定



※PowerPoint2007 にて解説
  • 2013.02.19 Tuesday
  • -

クラウド Sky Drive(スカイドライブ)

授業の中でよく聞かれる質問や最近の話題などをミニレッスンとしてブログでご紹介していきたいと思います
第1回目は、「クラウド」についてで〜す

■クラウドストレージ Sky Drive(スカイドライブ) 編


スカイドライブとは、マイクロソフトが運営するオンラインストレージです
いきなり難しい専門用語 
「オンラインストレージ」とは、インターネット上のサーバースペースを契約ユーザーに貸し出すサービスのことをいいます

つまりスカイドライブを利用したい方は、Microsoftアカウントを登録することによって、インターネット上に自分専用のフォルダースペースが確保できパソコン上のデータをインターネット上に保存しておくことができます

「Sky Drive」にファイルや写真を保存しておけば、インターネットに接続できればどこからでもファイルや写真を見ることができたり他の人とデータを共有することも可能です
もちろん、スマホやタブレット端末でも確認することができます

これらのオンラインストレージは、スカイドライブの他に、ヤフー!ジャパンが提供している「Yahoo!ボックス」やグーグルが提供している「Google ドライブ」などがあります
他のサービスにないスカイドライブの特徴として、保存したエクセル・ワード・パワーポイント・ワンノートの文書をウェブブラウザーで直接閲覧・編集することができます
なんと 
オフィスがインストールされていないパソコンでもブラウザ上で閲覧・編集が可能なんです
出先で急に確認しなきゃいけない時などとても便利ですよね
Windows8を快適に活用する場合には初期設定時にMicrosoftアカウントを登録する必要があるので、もれなくスカイドライブも利用可能になります
ですが、Windows7以前のパソコンでスカイドライブを使う場合には、わざわざMicrosoftアカウントを取得しないといけないので、Yahoo!IDやGoogle IDをお持ちの方は「Yahoo!ボックス」や「Googleドライブ」のほうが使いやすいかもしれませんね

と長々と書きましたが、『クラウド』 正しく使えばとても便利なサービスです


  • 2013.02.16 Saturday
  • -

1



CopyRight c PCSTYLE SCHOOL All Rights Reserved.